豚肉のしょうが焼き~甘酒漬け~

甘酒に1日漬けた豚肉のしょうが焼きです。400g~500gくらいの豚肉に砂糖大さじ1.5杯入れたのですがいつもより甘めに仕上がりました。

恐らく甘酒に漬けて酵素の力で甘み、旨みが上昇したからだと思います。

漬けておくだけでいつものしょうが焼きがお店で食べるくらい、いや正直お店以上においしく仕上がりました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

甘酒レシピ~豚肉のしょうが焼き~

写真 (22)

今回使った豚肉は豚のこま切れ肉です。特売で安くなってたみたいなので小分けして冷凍保存していました。麹漬けや甘酒漬けは冷凍保存していたお肉でも問題ありません。解凍後に塩を振りドリップや水分はしっかり拭き取りましょう。腐敗菌が繁殖しやすくなってしまうので。その後に麹漬けし冷蔵庫で1日置きます。

写真 (21)

生姜焼きなので

チューブ生姜 適量
醤油 大さじ2
大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1.5

これに甘酒大さじ3加えました。思った以上に甘酒の甘みが活きるので砂糖の分量はもう少し少なくてもいいかもしれません。次回は少なくしてみようと思います。

写真 (20)

上の調味料に1日漬けます。少し揉んで全体に絡ませましょう。

写真 (19)

こちらが1日甘酒漬けした豚肉。既にやわらかくクタっとなっています。色はあまり変化なかったですね。

写真 (17)

あとは普通に焼いて、できあがり!麹漬けするとお肉が黒っぽくなるんですが今回はあまり変わりませんでした。

豚肉のしょうが焼き~甘酒レシピ~のお味

これがねー。うまいんですよ。絶品です。

1日しょうが焼きのたれにつけておくだけでおいしいしょうが焼きが、自家製甘酒を加えるだけで美味しさ2段階上がります。

お肉がやわらかいんですけどプリッと感もある、ジューシーさが全然違います。普通に焼いた特売の豚肉を噛み切れなかった2歳半の娘も甘酒漬けした豚肉は噛み切り「おいしい」と言って食べていました。

本当に特売のお肉かと疑うくらい美味しいです!高級なお肉はもう必要ないのかも。その前に買うお金ない…w

甘酒万歳!

豚肉の効果

昨日の記事でも書きましたが豚肉にはビタミンB1が豊富です。ビタミンB1には疲労回復効果があります。

このビタミンB1は水溶性なので食材を茹でたり煮たりしてしまうと流れ出てしまいます。

なのでレシピを楽しむのでなく栄養素だけで考えるならば焼いたり炒めたりして調理するのがオススメです。

糖質を体を動かすエネルギーに変えてくれるビタミンB1。でんぷん質を糖質に変えてくれる「麹」と相性抜群です。豚肉は積極的に「麹」に漬けたいですね。

こま切れはいろんな部位が入っているので脂質の検討がつきにくいです。膵炎、機能性ディスペプシア持ちの方は脂身は残すなどお腹と相談しながら食べましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA