甘酒の作り方~生麹~

前回は乾燥米麹を使って甘酒を作りましたが今回は生米麹を使って甘酒を作りました。

乾燥米麹と生米麹の違いは何なのか?作り方を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

甘酒の作り方~生麹~

写真 (36)

こちらが今回の主役、生米麹くんです。

インターネットで注文し冷凍状態で届きました。クール便です。

image (42)

1kgの生米麹を注文したのでさすがに全部は使い切れません。300g程度に割って甘酒と塩麹に分けることにしました。冷凍状態で手では割れませんがテーブルを使えば割ることができます。

それかすぐに解凍されていくので15分ほど待てば簡単に割ることができますよ。

image (44)

20~30分で手で崩すことができるまで解凍されます。よくほぐしてバラバラにしてから使います。

固まっているとムラになりやすいですからね。

image (43)

残った分は袋の口を縛り密閉袋に入れて冷凍保存です。ちなみに6/24に到着した時点で消費期限は冷凍状態で9/20になっていました。冷凍状態で約三ヶ月なので1ヶ月前には全て解凍して甘酒なり塩麹なり味噌で使っておきたいですね。

真空にできる保存マシーンなんかあると少し期限が少し延びるかもしれません。

image (45)

作り方は前回の甘酒と同じです。まずお粥を作ります。炊きすぎると仕上がりの甘みが少なくなるので注意。

image (47)

生米麹投入!今回は水で戻すことなくそのまま入れました。生麹は乾燥麹と違い香りがあります。

僕的にはいい香りではありません。w

image (46)

次に水を入れます。前回よりとろみをつけたいので控えめに入れます。水から麹たちが頭を出すくらい。

image (48)

後は保温機能で6~9時間温めるだけ。決して60℃以上にしないように。麹菌が消滅してしまうのでね。

しかし炊飯器では温度管理が一定になりづらいので面倒くさい。

image (49)

時間が経ったら完成です。乾燥麹で作った甘酒より風味が豊かで麹の粒も大きいように感じます。色味も白くてキレイですね。味はコクがあるというか、なんというか。甘みは想像していたより甘くはありませんね。

乾燥麹の甘酒とそんなに変わらない甘さです。でも飲みごしがさらっとした感じがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA