カンパチの漬け刺し~甘酒レシピ~

実家からカンパチを貰ったので半分はそのまま刺身で食べて、もう半分は翌日まで甘酒漬けにして食べてみました。カンパチはブリと味も見た目も似ていますが脂質はブリに比べると結構低いです。

膵炎食事や脂質制限でも量さえ決めればしっかり食べることのできる魚です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カンパチの漬け刺しの作り方~甘酒レシピ~

写真 (37)

こちら刺身の状態です。半分は家族でこのままいただきました。

ブリのように脂がきつくなくてサラッと食べられます。子どもたちもモリモリ食べていました。w

image (50)

半分漬け刺し用にもらいますね!塩を振り水分を拭き取ります。

image (51)

漬けるたれを作ります。まず醤油を適量。

image (52)

そして甘酒、みりんを入れて少し味噌を加えます。今回は赤味噌を使いました。

image (53)

最後ににんにくすりおろしと生姜のすりおろしを少々。どちらも刺激物なので控えめに。

image (55)

水分を取ったら密閉袋に入れます。

image (54)

たれを混ぜて水分を取ったカンパチに漬け込みます。

本当はサラシなど薄い布があればいんですがなかったのでそのまま漬けました。サラシを持っている方はサラシにまいてから漬けることをオススメします。

image (56)

1日冷蔵庫で置いたら完成です!いい具合に染み込んでそう。

カンパチの漬け刺し~甘酒レシピ~のお味

なめろうチックな味に仕上がりました。味噌が少し入っているからですかね。

甘酒の味はあまり分かりませんね。刺身で食べた段階でカンパチの甘みは強かったので漬けたことで甘みが大幅に上がった感じはしましせんでした。

正直、特別甘酒を使って漬け込むことはないかな。

元々やわらかいし。また別の魚で試してみるとしよう。

甘酒や塩麹に漬ける理由

僕が甘酒や塩麹を漬ける一番の理由は「美味しくなるから」です。

特に肉系の旨みの出方は漬けると漬けないのでは段違いです。

そして甘酒や塩麹に含まれる消化酵素によってでんぷん、タンパク質、脂質などが事前分解され消化しやすくなりお腹に負担をかけないという点も甘酒漬けにする2つ目の理由です。

そしてこの麹を使った甘酒、塩麹れしぴにデメリットはないのか?という疑問も出てきたのでいろいろと調べている最中でもあります。

はっきりと言ってデメリットもあります。やはり食事はバランスが大事なので毎日、何も考えないで甘酒や塩麹を使って調理をすると糖質に偏ってしまいます。

このことはまたコラムでも書かせてもらいますね。

なので今回もカンパチの漬け刺しは僕にとっては甘酒漬けにする必要はない!と思いました。

だって味の変化が分かりませんでしたから。w

わざわざ漬ける必要はないかなー。

カンパチの脂質

ちなみにカンパチ(生身)の脂質は100gあたり4.2gとされています。思ったよりすごい低くないですか?

ブリの場合同じ量でも18g~となっています。四倍以上ありますね。

食べてみても本当にサラッとしていて食べやすく美味しいですよ。脂質制限のある膵炎やダイエットでも食べられると思います。

基本的に脂質制限すると茹でたり焼いたりで脂をできるだけ落として調理することになります。でもそうすると加熱すると失われてしまう栄養素なんかも一緒に消えてしまうんですよね。

脂質制限中でも生で食べられる食材はできるだけ生で食べてみるのもいいかと思います。

あっ!天然のカンパチと養殖のカンパチでは脂の乗り方がかなり違ってくるので注意です!

養殖の場合は脂質大目なので控えめに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA