おからクッキー(卵、油なし)

連日おからを使った料理を投稿しているように豆乳を作ったときのおからが冷蔵庫で保管されていたんですね。

まだ結構残っているし連休でお弁当を作る必要もない。

さらに子どもたちもお昼寝しているからクッキーを作ってみようと思い実践!

卵、油なしのヘルシーおからクッキーで膵炎、機能性ディスペプシア、ダイエットなどのおやつにいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノンオイル、卵なしのおからクッキーの作り方

写真 (5)

優しい味で止まらなく食べてしまうおからクッキー!油、卵、バターも使っていないのでお子様のおやつにももってこいです。ちなみに我が家の今年の10月で3才になる娘だけ昼寝をしなかったので僕とママとの3人で食べてしまいました…長男よ。ごめんなさい!

材料

image (1)

おから100g~120g、小麦粉150g、砂糖30g、塩少々、ベーキングパウダー5g、牛乳50cc

牛乳はおからと小麦粉を混ぜ合わせた状態の水気加減で多くしたり少なくして調整してあげるといいかと思います。おからがかなり吸水するので多く入れすぎるとべちゃべちゃになってしまう恐れが…

この分量でも生地種はやわらかめに仕上がりました。

作り方

image (4)

おからと牛乳以外の材料をボウルに入れ混ぜ合わせます。僕は今回黒糖を使用しています。

image (2)

ここでおから投入!混ぜ合わせて水気加減を見ます。

image (3)

まとまらないので牛乳を入れます。少しずつ練りながら入れていくのがオススメ。

image (5)

練りあがり一つにまとめました。僕は寝かせたり発酵させませんでしたが冷蔵庫などで時間を置くとまた違ったものに仕上がるかと思います。次回はいろいろ変えてみよう!

image (6)

クッキングシートに載せて200℃で余熱したオーブンへ。結構べチャっとくっつくのでクッキングシートの上は油を少し敷いてハケなどで伸ばしてあげると全然くっつきません。15分で一度様子を見てまだ柔らかかったのでさらに20分加熱しました。

image (7)

合計35分焼いて出来上がりです。僕は厚めの生地にしたので焼き上がりまで時間がかかりました。薄めの生地にすると時間は短くなるでしょう。何度かオーブンの様子を見にいくと焦すリスクが下がるので、放置しすぎないように!

おからクッキーの味

image (8)

本当に優しい味です。もうすぐ3才の娘も喜んで食べてくれました。僕的には大満足ですが市販のクッキーやお菓子を食べなれていると物足りなさを感じるかもしれません。

その場合はバターや油、クリームなどを入れてあげるといいかと思います。

食感としては表面が固めのスコーン。アレンジ次第でいろんな味を楽しめると思いました。

味が優しいので次回は抹茶パウダーを入れて抹茶クッキーにしようと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA