虚弱体質とトランス脂肪酸

食品に含まれる有害物質として何かと話題になったトランス脂肪酸。僕も酵素を意識した食生活をするようになり最近とても気にするようになりました。

便利すぎる世の中で外食や加工食品を100%避けることは不可能に近いです。でも心配…

せめて自分で把握でき調整できるように考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランス脂肪酸とは?

食べるプラスチックと表現されることもあるトランス脂肪酸。

ざっくりと言ってしまえば必要のない油。人の体において摂取する必要がない油です。

農林水産省のホームページで分かりやすく説明されています。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/

人が生きていく上で必要がない成分なので分解する能力も持ち合わせていない。そのため食べるプラスチックなんて呼ばれているんですね。

で、スーパーやコンビニに並んでいる加工食品のほぼ全てにトランス脂肪酸が入っています。

というより加工過程で化学変化により作られてしまうそうですが。

そんなトランス脂肪酸は1日の摂取量が2gまでなら体に影響はないと言われています。

でも2gってどのくらい?食べてみて脂っこさなら分かりますが油に含まれている成分なんか分かりませんよね。

そんな心配をできるだけ解消すべくトランス脂肪酸が含まれている量を確認できる製品などを探しました。

トランス脂肪酸の量を表記している企業

親切か、PRとして公開しているのかは分かりませんがトランス脂肪酸の量を公開してくれている企業もあります。

いくつか見てみましょう。

Pasco

「超熟」で有名なPasco。良心的に多くの製品のトランス脂肪酸量を公開してくれています。

トランス脂肪酸が気になる僕にとってはありがたいです。食べたくなったときは参考にして商品を選びたいと思います。

http://www.pasconet.co.jp/system/bread/index.cgi?action=nourish_list

ヤマザキ

パン類で有名なヤマザキ食品。トランス脂肪酸低減に力を入れて製品を作っているようです。コンビニに圧されている印象ですが頑張ってほしい。

https://www.yamazakipan.co.jp/company/trans_fat/index2.html

ミスタードーナツ

ドーナツといえばミスド。近年コンビニがドーナツ販売へ参入していますが僕的には断然ミスド派。数年前に調理油を変えトランス脂肪酸低減中。でも脂質自体は高いので注意して食べましょうね。

https://www.misterdonut.jp/businessinfo/torikumi/anzen_01.html

創健社

あまり聞いたことのない企業ですがヘルシー思考で開発に取り組んでいるようです。特にマーガリンでのトランス脂肪酸量は郡を抜いて少ないです。一般的なマーガリンに含まれるトランス脂肪酸量は100g中15g。

一方、創健社の「発酵豆乳入りマーガリン」は100g中わずか0.4g。

http://www.sokensha.co.jp/products/product_detail/101030.html

お菓子作りをするときに使ってみようと思います。

セブンイレブン

各商品に対しての記載はありませんが企業全体でトランス脂肪酸の軽減を目指している様子。大手コンビニの中では一番ヘルシー思考の製品が多そうです。

http://www.sej.co.jp/products/safety01.html

トランス脂肪酸を意識して生活

はっきり言って1日2gのトランス脂肪酸の摂取なんか意識してないとあっという間ですよ。職場の先輩や上司なんか朝はコンビニパン、昼はカップラーメン、夜は外食や弁当。なんて人結構います。

自分や奥さんが作ったお弁当でも冷凍食品が多ければコンビニ弁当と変わりませんからね。

僕は膵炎を起こし今でも機能性ディスペプシアで食べるものや量によってお腹が張ります。健康なときは油の質や違いなんて気にもしなかったですし、自分には関係ないと思っていました。

でも少なからずトランス脂肪酸など加工食品に含まれている添加物が原因でさまざまな病気を発症している人って多い気がするんですよね。

だって僕は酒も飲まなかったし一応睡眠も6~7時間くらい寝てたし、実際僕の10倍以上不摂生な人が病気をせずに過ごしているし。

体質と言ってしまえばそれで終わりです。膵炎を起こし機能性ディスペプシアの痛みに苦しんでいた2年間は「体質」と思い込み医師に言われた通り脂質制限をしているだけでした。

食べ物は脂質量のチェックだけでその他のことは学ぼうとせず。痛みが出たら薬で治める。その繰り返し。

まぁ面白くなかったですね。

でも今は違います。麹に触れ酵素を知り、食材の質、添加物に対する知識の欲求が高まって料理の意欲も痛みが出ない喜び、痛くなったときの原因を探れるようにもなりました。

食生活だけではなく食材、加工食品に対する知識を学ぶ。お腹が弱い人はそれだけしないと症状は良くならない気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA