塩麹ささみのチリソース

塩麹につけておいたささみをチリソースにしてみました。

しかも今回はノンオイルで脂質、カロリー大幅カット。元々ささみなので脂質は低いですがお弁当に入れるのでノンオイルで調理しましたよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩麹ささみのチリソースの作り方

image (10)

今回もお弁当用です。なぜ油に入れるからってノンオイルで調理したかって?それは油の酸化を意識していたからです。油に限らず食材は空気に触れると酸化が始まります。文字通り錆びていくんですね。特に油なんかは高温調理する際に使われますから時間が経つにつれ酸化するスピードが速いんです。

酸化した油は体内で活性酸素に変わり酵素の働きを邪魔をするみたいです。そんなことを知っては酵素を意識した生活をしている僕はできるだけ酸化油は削っていきたい。

だから今回はノンオイル調理。ちなみにスナック菓子なども多くは油で揚げて作られていますが賞味期限は比較的長いですよね。

それは酸化防止剤という添加物が入っているからです。

材料

塩麹漬けささみ3本、ケチャップ大さじ1、酒小さじ1、醤油小さじ1、ソース小さじ1、砂糖大さじ1

作り方

1、フライパンの表面に少し水を張ります。油を使わず茹でて肉に火を通します。

2、フライパンの蓋を閉め中火で5分ほど。白くなったら裏返しフライパンに張った水を捨てます。

3、代わりに調味料を全て混ぜ合わせたものをフライパンに入れ同じく中火で5分ほど煮ます。

4、蓋を開け火が通っていたら水溶き片栗粉を入れとろみをつける。

5、たれを絡めたら完成です。

写真 (7)

ノンオイル調理で差し引き

正直ささみですからノンオイル調理しなくても良かったんですけどね。油の酸化もそこまで気にしているわけではありません。ですが今回の僕のお弁当を見てください。

コロッケが入っているんです。実はこのコロッケおばあちゃんに貰い前日に作られたコロッケなんです。

コロッケは言うまでもなく油で揚げられています。カロリーも高め。さらに酸化も進んでいる。

…だったら他の食材の油、酸化をなくし調整してやろう!ということでささみでもノンオイル調理をしたわけです。

僕も膵炎を経験し、今も機能性ディスペプシアのお腹の張り、痛みに悩まされることがありますがお肉やお菓子と言った脂ものは割りと好きです。

少しでも好きなものを食べることができるように使わなくていい油は使わず、膵液、酵素の省エネをして生活しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA