鉄腕ダッシュという素晴らしい番組

たまに見る程度ですが個人的に今一番好感の持てるテレビ番組がザ!鉄腕!DASH!。個人的にですよ。その理由は食材を腐っていると言わないこと。鉄腕ダッシュでは発酵が進みすぎていると表現するんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

発酵と腐敗の違い

TOKIOの無人島開拓しているコーナーでガラス瓶や弁当箱が無人島に漂流してくるという映像での話なのですが、その漂流してきた物に食材が入っていれば匂いを嗅ぐという恒例のアクションがあります。そこでモザイクがかかることもある食材でもTOKIOメンバーが匂いを嗅ぐのですが当然強烈な匂いを発しているようで悶絶してます。普通そこで「腐ってるわ!」表現しそうですがTOKIOは言いません。発酵が進みすぎていると表現します。鉄腕ダッシュを毎週見ているわけではないので確実ではありませんが食材を腐っていると表現したことは僕は見たことがありません。少なくともテロップでは使われていないと思います。まぁテレビ番組で腐敗した食材が登場することなんて滅多にないだろ!と言われてしまえばそれまでですが。

糖質とタンパク質の分解

発酵と腐敗の違いとして用いられることの一つに糖質とタンパク質の分解によるものがあります。発酵も腐敗も微生物の行動により起こっています。空気が起こしているわけではないですよ。空気中を浮遊している微生物や食材に元々含まれている微生物、酵素などの働きで発酵、腐敗という変化を遂げます。大まかに言うと糖質が酵素や微生物によって分解されていくと発酵。タンパク質が分解されていくと腐敗に変わるそうです。あくまで大まかになので直に受け止めないで下さいね。微生物たちは人間のために発酵や腐敗を行っているわけではありません。微生物自身が生き残り、子孫を残すために行っている行動の結果発酵や腐敗になっているんです。

何が言いたいかと言うと発酵、腐敗は人間が勝手に決めている。ということ。微生物や菌たちは生きていくのに必死なだけです。

豆乳を放置して固まったものは腐っている?

NO!です。鉄腕ダッシュ風に言うと発酵が進みすぎてしまったんです。豆乳の封を切った際に栄養たっぷりの豆乳に狙いをすまし空気中の菌たちが入りこみ、豆乳の中で生命活動、増殖したため発酵が進みすぎてしまったのです。

冷蔵庫に保存していた豆乳の存在を忘れて約2ヶ月。見事に発酵が進みすぎていました。

これが自然の力。菌たちの力です。この菌たちの力を自分の肌で感じるために立ち上げたの当ブログ、Kouji菌.com。これからはより加速して更新頻度を高めていく予定であります。よろしくお願い致します。

発酵しすぎた豆乳の使い道

一応少し食べてみましたが少々酸っぱい。食べられなくもないですがお腹を壊すのも嫌なので捨ててしまいました。食べるのは無理と思い少量手の甲に塗ってみましたがしっとりツルツルになりました。匂いが気にならなければそういう使い道もあるかと思います。ただ冷蔵庫で保存すると冷蔵庫の中が酸っぱい匂いになりかけていたので僕は廃棄してしまいましたが。先ほども言いましたが菌たちは人間のために活動しているわけではありませんからね。発酵、発酵言いすぎて無理して食べるのはズレています。食べられないと思ったら思い切って捨てる勇気も必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA