天然酵母!リンゴの皮で酵母作り(1週間放置)

食べ終わったリンゴの皮から酵母はできるのか?ネットで検索すれば答えは簡単に出てきそうですが実際に試してみたくなったので実行。今回は糖類は一切加えずリンゴの皮のみで天然酵母を作ってみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リンゴの皮で天然酵母作り

酵母や乳酸菌は糖質を食べて増殖していくので果物に黒糖やハチミツを加えて塩で雑菌の繁殖を防ぐという方法が一般的です。恐らく失敗する可能性も低く実行しやすいと思います。ただし今回は糖類は一切加えずリンゴの皮に含まれる糖分だけで天然酵母を作ってみました。酵母や乳酸菌を手作りすることが趣味になりそうなのでまずは何も加えていない素の状態を知りたかったので。

用意するもの

・リンゴの皮(リンゴ1個分)

・水(浸るくらい)

です。今回は塩も加えていません。塩は雑菌の繁殖を防ぐためということで加えるのですが雑菌の繁殖によって酵母の活動も変わってくるのか知りたかったからです。塩は全体の1%加えるのが基本になるので普通に天然酵母を作る際は忘れずに入れましょう。僕は今回作った酵母を食べるのは控えておくつもりです。w

作り方

煮沸消毒したビンにリンゴの皮、水を入れて常温で放置。ほこりが入らないようにラップで蓋をします。

1日経過

水、果実の色が少し変化しています。発泡はなし。

2日経過

さらに茶色く変色しています。リンゴの香りが強くなりすごくいい香りです。そしてわずかですが気泡が出てきました。リンゴの香りが一層強くなり甘そう。

見過ごしてしまいそうなくらいの小さい気泡。酵母が活動、増殖しているのでしょうか?楽しみです。

3日経過

すぐに分かるくらいの気泡が出てきています。酵母や乳酸菌が大幅に増えたのでしょうか。昨日までは蓋をしてあるラップを空けるとのリンゴの甘いが漂ってきたのですがこの日は香りが少なくなってきました。酵母、乳酸菌は糖エサにするのでリンゴの糖分が食べられてきているせいだと思います。

寄ってみます。まだまだ期待できるのかな?

4日経過

さらに発泡が強くなりました。もう近距離での写真は必要ないでしょう。やはり最初のうちのフルーティーな香りは消えはじめています。箸で全体をかき混ぜるとシュワシュワと薄い炭酸水のように音を立てます。

5日経過

若干発泡が強くなった気はしますがそれほどの変化は感じられず。混ぜたときの気泡が出る音は昨日より強くなった気がします。そろそろ酵母、乳酸菌増殖のピークなのでしょうか?リンゴの糖分がなくなってきたせいか?菌たちが増えて密度強くなり活動の幅が狭くなったせいか?発泡が落ち着いてきたらさらなる酵母の増殖を狙いハチミツや黒糖を投入してみると新たに変化が現れるかもしれません。とりあえず1週間はそのまま放置してみます。

6日経過

あまり変化ありません。発泡はまだ消えていないので増殖は続いているのかもしれません。リンゴの皮の赤色はほぼ消え茶色く変わりました。

7日目

変化なしです。1週間経過したのでこのリンゴの皮だけで作った天然酵母を活用してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA