玄米のとぎ汁乳酸菌で豆乳ヨーグルト

玄米のとぎ汁で作った乳酸菌液を使って豆乳ヨーグルトを作りました。有名な米のとぎ汁乳酸菌の材料を白米から玄米に代えたものです。玄米のとぎ汁から作った乳酸菌液はやはり強力なのか豆乳が固まるスピードも速く、味もピリッとが強い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

玄米のとぎ汁乳酸菌液で豆乳ヨーグルト作り

今回は玄米のとぎ汁乳酸菌液で豆乳ヨーグルトを作ります。玄米のとぎ汁乳酸菌の作り方はこちら

材料

・玄米のとぎ汁乳酸菌液小さじ1杯

・豆乳50ml

作り方

容器に入れラップを被せて室温放置です。期間は10月19日~10月20日。室温は約13℃~20℃弱。

1日かからず固まった

10時間では固まらず約24時間経過したぐらいでチェックしてみると固まっていました。前回書いた記事切干大根で豆乳ヨーグルト作りより1日遅れで作成したのですが切干大根乳酸菌でのヨーグルトが完成した日と同じ日に完成しました。

玄米のとぎ汁乳酸菌豆乳ヨーグルトの特徴

しっかり形のあるヨーグルトです。さらに時間を置けばよりしっかり固まると思います。味は酸っぱい!強めにピリッとします。甘めが好きな僕は正直美味しいとは思いません。w 何も知らずに食べさせられると完食しないと思います。でも酸っぱくピリッとする理由は乳酸菌が多く、元気ということ。自分で作るからこそ食べられるます。健康のために子ども達にも食べさせたいですが甘めしてあげたり、何かの料理に混ぜてごまかさないと食べてくれなさそう。

室温放置でも丸1日かからずヨーグルトが固まったので玄米のとぎ汁乳酸菌にはたくさんの乳酸菌がいて、元気がいいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA