ナスのひしお麹漬けで豆乳ヨーグルト

いろんな食材で豆乳ヨーグルトを作っていると普段なら捨ててしまうもの手を止めて再利用できるようになってきました。漬物は乳酸菌食品の代表的な食べものですからその漬け汁には乳酸菌が増殖しているかと思い実験です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナスの漬物の漬け汁で作る豆乳ヨーグルト

軽く塩を振ってひしお麹に3日間ほど漬かっていたナスです。このひしお麹漬けのナスは会社でのお弁当に入れていた常備菜。今までなら気にせず捨てていたこの漬け汁から豆乳ヨーグルトを作ってみようという目論みです。

材料

・漬け汁小さじ一杯

・豆乳50ml

作り方、環境

豆乳を加えてラップを被せ室温放置です。実験期間は10月21~10月22日。温度は13℃~20℃といったところ。

36時間で固まらず断念

36時間経過しても固まる気配がないので実験を中止しました。所々に固まり、気泡も出ています。乳酸菌より酵母の方が多いのかも。それに漬け汁をそのまま使ったので塩分濃度も濃く、思うように乳酸菌たちが増殖できなかったのかもしれません。

すごくしょっぱいです。塩と醤油が効きすぎてそれ以外の味が分からなくなっています。これは食べ切れませんでした。漬け汁を水で薄めて乳酸菌液作りのように培養してあげればしっかりとした豆乳ヨーグルトが出来上がるかもしれません。次回は漬け汁原液ではなく米のとぎ汁乳酸菌のように培養してみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA