オリーブオイルで豆乳ヨーグルト

オリーブオイルもオリーブの実を搾り取ったものなので乳酸菌は生きたままなのではないかと思いオリーブオイルで豆乳ヨーグルトを作ってみました。最近は何でもかんでも豆乳ヨーグルトの種にしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オリーブオイルで作る豆乳ヨーグルト

油の中に乳酸菌が棲息しているなんていう疑問は数ヶ月前には思いもしませんでしたが最近いろんな食材を種にして豆乳ヨーグルトが作れることを体験すると油の中にも乳酸菌が潜んでいてもおかしくないと思ってきました。菌は糖度や塩分濃度、油分が高いところでは自由に動くことができないため増殖できないそうです。なので油は常温でも腐りません。逆に油を水で薄めて放置するといろんな菌が動けるようになるのでオリーブオイルに潜んでいる乳酸菌も動きだすのではないかと仮定しました。水の代わりに豆乳を入れての実験です。

材料

・オリーブオイル小さじ1杯

・豆乳50ml

作り方、環境

豆乳を加えてラップを被せ室温放置です。実験期間は10月22~10月26日。温度は13℃~20℃といったところ。

水と油がはじき合いなじみません。この水と油をなじませるために加工食品には”乳化剤”という添加物が添加されています。スーパーなどで売られている多くの食べ物に添加されているので興味のある方は意識してパッケージ裏を確認してみてください。

乳化剤はないので(あっても使いませんが)フォークを使い混ぜ合わせます。見ての通り完全には混ざりません。外見はお粗末な状態。w

4日後の状態

ちらほら固まっていますがお世辞にもヨーグルトとは言い難い状態でフィニッシュとなりました。匂いは臭くはないですがどちらかといえば嗅ぎたくはない部類。雑菌が繁殖している感じはないので少し食べてみます。

美味しくありません。酸味はあまり感じられず嫌な苦味?えぐみがあります。食べるのを戸惑うレベルなのでお風呂場に持ち入りおでこに塗ることにしました。豆乳+オリーブオイルなのでしっとりします。発酵しすぎて酸っぱくなった豆乳ヨーグルトは洗顔などのクリームで消費することをオススメされていますがオリーブでの乳酸菌増殖が上手くいかず雑菌の方が優勢だった場合を考えるとあまり良くはないと思いましたが…

お風呂でも活用も豆乳ヨーグルト作りの経験がないとなかなか行動に移せないような気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA