みかんで豆乳ヨーグルト

みかんを種菌にして豆乳ヨーグルトができるかどうかの実験です。正直実験する前から成功するだろうと思っていましたがやはり成功しました。ただ思いのほか経過した時間のわりにはやわらかめに仕上がりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みかんで豆乳ヨーグルト作り

乳酸菌や酵母はあらゆる果物や野菜に付着し共生していると言われています。このみかんにも当然棲みついているでしょう。本当は水、糖、塩を加えたものにみかんを入れておけば乳酸菌、酵母が大量に増殖して酵母液が作れるのですが多少手間と知識が必要です。そんな面倒なことできない!という方は豆乳にみかんを漬け込むだけでも豆乳ヨーグルトが作れます。

材料

・みかん2粒(薄皮をめくり果実むき出しにする)

・豆乳

作り方、環境

材料を容器に入れラップで密閉します。実験期間は11月5日~11月7日。室温は13℃~23℃程度です。11月ですが暖かい日が続いています。気温が下がりませんね。

およそ36時間で固形化

無事に丸2日かからず固形化しみかんを種菌とした豆乳ヨーグルトが完成しました。

みかんの香りはしません。りんごの皮で天然酵母を作ったときもそうでしたが発酵が進むにつれ果物の香りは感じられなくなっていきました。甘みも。乳酸菌は糖をエサにし増殖していくので種菌にしたみかんやリンゴの糖を分解していった結果なのでしょう。必然的に豆乳ヨーグルトは酸っぱめに仕上がることが多いです。

今回にみかんを種菌とした豆乳ヨーグルトは…まろやかでした。酸っぱさ、ピリッと感少な目の食べやすい豆乳ヨーグルトです。固形化も不十分だったので乳酸発酵途中だったかもしれません。底の方はほんの少しだけピリッと舌に感じました。個人的にはこのくらいなめらかな方が美味しく食べられます。乳酸菌の数は少なめかもしれませんが美味しいと思えない豆乳ヨーグルトを無理に食べるより精神的なストレスもかからずいいかもしれません。TGGヨーグルトで有名になった玄米を種菌にした豆乳ヨーグルトが苦手な方は果物やハチミツを種菌にした豆乳ヨーグルトがまろやかで酸味がなく食べやすいのでオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA