キウイの酵母液で豆乳ヨーグルト

果物のシロップ浸けで余った液をどう処理しますか?果物に付着していた酵母やら乳酸菌もたくさん付いているでしょうから捨てるのはもったいない。豆乳を加えてあげれば豆乳ヨーグルトに変身します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キウイの黒糖浸け

母親からキウイを7個ほど貰ったのですが食べてみるとまぁ酸っぱい。とてもそのまま状態では食べることができませんでした。10日ほど置いてもまだ熟さない。これは傷む前に砂糖浸けにして食べるしかありません。ということでキウイを黒糖に1日ほど浸けてみました。作り方や分量はオリジナルです。黒糖の甘みが染みて子どもたちはバクバク食べていました。

材料

・キウイ4個

・黒糖適当

作り方

器にカットしたキウイ、黒糖、キウイの順に並べていくだけです。1日置いたら完成。

食べ終わりの酵母液

キウイの果汁と黒糖が合わさった残りの液は酵母、乳酸菌ともに健在でしょう。キウイの皮でも豆乳ヨーグルトが作れますし黒糖でも豆乳ヨーグルトが作れることは分かっています。実験しなくてもこの酵母液でも豆乳ヨーグルトが作れることは確実でしょうが捨てるのももったいないので豆乳を加えて実験してみます。

材料

・キウイ+黒糖の残り液

・豆乳

作り方、環境

豆乳を加えてラップを被せ室温放置です。実験期間は11月28~11月30日。

約40時間で固まった

約40時間で固まりました。表面にプツプツと小さな穴が空き始めています。好気性である酵母が繁殖しているのかな?匂いはまだキウイの香りがするのでもう少し発酵させても良さそうですがダメになる前に早めに食べることにしました。

なめらかでやわらかめの豆乳ヨーグルトです。そして甘い。黒糖の分量が多いので甘かったです。豆乳ヨーグルトは適度に甘くないと食べづらいです。きな粉をふりかけて食べました。まぁやっぱり固まりましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA