白砂糖だけで豆乳ヨーグルト

白砂糖を種菌にしても豆乳ヨーグルトを作ることができます。砂糖だけで豆乳ヨーグルトが出来てしまうんです。玄米、とぎ汁乳酸菌、ドライフルーツ…メジャーな種菌以外でも作ることのできる豆乳ヨーグルトって本当に不思議です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白砂糖だけで豆乳ヨーグルト作り

「精製された砂糖や塩に乳酸菌はいない」豆乳ヨーグルト作り関連の書籍を読むとこれらの言葉がよく記載されています。なので豆乳ヨーグルト作りの初期の段階では書籍に書いてある内容のまま豆乳ヨーグルトを作っていました。種菌となる代表が玄米や米のとぎ汁乳酸菌液ですね。そのうちに玄米だけではなくいろんな食材に乳酸菌が棲みついていると知り、身の回りにある食材を使って豆乳ヨーグルトを作り始めました。その中でオリゴ糖シロップ黒糖ハチミツなどの精製されていない天然の糖自体にも乳酸菌が共生していると仮説しこれらの糖だけを種菌に使い豆乳ヨーグルトを作りました。結果は全て成功。固形化し豆乳ヨーグルトに姿を変えました。

「本当に白砂糖には乳酸菌はいないのか?」この疑問が強く湧き上がりはじめたのですが、知りたいけど知ってしまうとオリゴ糖や黒糖を否定するような気がして豆乳ヨーグルト作りを実行に移せずにいました。しかし知りたい気持ちを抑えるのは健康にも良くないだろう!そんなこんなで遂に白砂糖のみを種菌として使い豆乳ヨーグルトを作ってみることにしました。

材料

・白砂糖

・豆乳

作り方、環境

豆乳を加えてラップを被せ室温放置です。実験期間は11月27~12月1日。

丸2日変化なし

2日経過しても変化が見られませんでした。ラップはめくらず容器を傾けたりして固形化を確認しましたが液体のまま。やはり白砂糖では豆乳ヨーグルトは作ることができないのか?少しほっと自分がいました。

3日で変化

容器を傾けるとゆっくり動きます。なめらかに変化していました。これはひょっとすると…

丸4日で遂に固形化

遂に固まってしまいました。しかし豆乳ヨーグルトが完成したと言うにはまだ早い。食べることができない味ならば完成とは言えないでしょう。匂いは若干心配になる匂いがします。正直少し臭みがあります。11月後半ですが4日間室温放置ということもあり不安も残ります。

やわらかめですが固まっています。恐る恐る食べてみると…甘い。匂いは気になりましたが食べてみると砂糖の甘さを感じ雑味なしです。腐敗の様子は全く伺えません。豆乳ヨーグルトの表面が少しだけ黄色がかっていてこれが匂いの正体でした。酸膜酵母というやつ?表面をすくってやると匂いも消え甘めの美味しい豆乳ヨーグルトになりました。白砂糖だけで…出来てしまいましたねー。

何故白砂糖のみで豆乳ヨーグルトが作れたのか

一般には精製された白砂糖には乳酸菌はいないと言われていますが今回の実験では白砂糖だけを種菌に使っても豆乳ヨーグルトは作ることができました。だから白砂糖には乳酸菌が棲みついている。と言い切る自信はありません。何故白砂糖のみで豆乳ヨーグルトが出来たのか?個人的に浅はかではありますが考察してみます。

仮説1 白砂糖にも乳酸菌はいる?

すぐに思うのがこれですね。豆乳ヨーグルトになったのだから白砂糖に棲みついていた乳酸菌が豆乳の糖を喰らい乳酸を吐き出した結果固形化したんでしょ?シンプルに考えた場合。

仮説2 空気中を浮遊していた、容器に付着していた乳酸菌

乳酸菌は至るところを浮遊しています。ラップをかぶせて放置していたとは言っても被せる間の時間はどうしようもありません。当然乳酸菌や雑菌が入り込んでいます。また豆乳ヨーグルト作りを何度も実験しているので部屋中、容器にも乳酸菌が残っている場合も考えられます。白砂糖ではなくたまたまその辺を浮遊していた乳酸菌の働きで豆乳ヨーグルトが完成したケース。

仮説3 豆乳自体にいた乳酸菌

植物性乳酸菌の中には沸騰した高温の中でも耐えることのできる逞しい者もいる。乳酸菌を調べるとこのような情報にも触れることがあります。実際そのように乳酸菌液を加熱し逞しい乳酸菌を培養されている方もいます。そのような情報を拝見させていただき思ったのが「豆乳自体にも高温に耐えることのできた乳酸菌が生存しているのでは?」この疑問が浮上してきました。というよりこれって充分にあり得るのではないかと思っています。これを実証する実験は…予定しております。ただ時間はかかるでしょう。楽しみが一つできました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA