酵素不足に疑問?食後眠くなるのは酵素不足なの?

IMG_20160120_044058

「食べたあとに眠くなった」なら酵素不足?

半年ほど前に購入した書籍があります。食物の酵素にスポットを当てた書籍です。半年前まで食材の栄養は無知でもちろん酵素や菌のことも、それどころか読書もほとんどがしたことがありませんでした。脳内はまっさらな状態。そして溢れかえるネットの情報より書籍として出版されているものの情報のほうが信用できると勝手に思い込み購入した本にウンウン、なるほど!とうなずきながら読み、実践もしていました。そして読む書籍やネットで触れる情報も増え購入した書籍の内容でも「これおかしくない?」と疑問を抱く内容も多々出てきました。そこで今回自分の考えを吐き出し自身をスッキリさせるためにも疑問なところについて少し記してみます。

とりあえず今回のテーマは”食後眠くなるのは酵素不足”です。

酵素が充実していたら食後眠くならない?

「食べたあとに眠くなった」なら酵素不足のサイン

半年前購入した書籍に記されています。筆者のコラム的な1ページに。内容は”お昼などご飯を食べたあとに眠くなっていませんか?眠くなったなら酵素不足で身体が休息を求めているサイン。炭水化物やタンパク質の摂り過ぎで消化するため酵素を大量消費しているせいです。酵素が充実していれば食後はシャキッとする”というような内容になっています。半年前はこの言葉にしっかり影響されてお米の量を減らし、肉などの量も減らしました。ですが会社での昼休み、眠くなります。やっぱり酵素不足なのかと少し落ち込むこともありました。ですが身体のメカニズムを学んでいくなかでこの書籍の言う酵素不足。テキトーなのでは?と疑問に感じてきたというわけです。

食後は眠くなるもの

食後は眠くなって当たり前だと思うようになりました。何故かと言うと食事を終えると胃、腸、膵臓などが食物を消化するために働きだします。昼休み前は仕事で身体を動かしているわけですから交感神経優位になっています。食後は消化がスムーズに行えるように胃、腸、膵臓などの動きがよくなる副交感神経優位の状態にチェンジ。そして膵臓からは食事で上昇した血糖値を正常値に抑えるためにインスリンが出されます。このインスリンは別名休息ホルモンなどと呼ばれているそうです。つまり身体が「休んでください」と発信しています。食後に眠くなるのは当たり前です。食後身体がシャキッとするのであれば交感神経優位の状態になってしまっているんでしょう?身体が休めません。消化もスムーズに行われないと思います。午前中も交感神経優位で昼休みも、そして午後も…なんのための昼休みでしょう。この酵素不足という言葉を信じて無理に昼休みシャキッとしようとしている方はいないでしょうか?そんなことをしていたら胃腸、膵臓に負担をかけるばかりです。食後はゆっくり休みましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA