さつま芋のカラメルバター

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さつま芋のカラメルバター

IMG_20160228_165728

完成度低いなー。w

いつぞや車の運転中で聞いていたラジオの投稿のレシピを真似してみました。投稿者さんの子どもさんが「学校の給食に出てきたさつま芋のカラメルバターを作ってほしい!」とねだってきたそうです。聞くと大学芋のような感じらしいのですがバターの香りがするとのこと。ここまで聞いて詳しいレシピは知りませんし、ネットで検索するまでもないかなと思いサラッと作ってみたらこの有様です。。。まぁ失敗も大事です。いや、失敗こそが大切です。今回はさつまをレンジで温めすぎました。ボロボロに崩れてしまっています。

材料

・さつま芋

・バター

・砂糖

・水

作り方

1.さつま芋をラップなどで包み500wで3分加熱します。温度や時間はさつま芋の大きさで調節。

2.さつま芋を適当な大きさに切ります。切ってから温めても大丈夫っぽいです。

3.フライパンにバターを敷き熱します。そしてさつま芋を加えます。さつま芋がかなりバターを吸うのでバター大目でもいいかもしれません。

4.適度に熱が通ったら砂糖と水を混ぜたものを加えカラメルを作ります。

5.いい具合のところで火を止め、完成

さつま芋の栄養素

ナトリウムと拮抗して血液を正常に保ったり筋肉などの機能に関与するカリウムが490mg。抗酸化作用や細胞の老化、美肌に欠かせないビタミンEが1.5mg。細胞の分裂に働く葉酸が46μg。腸内環境を整え腸内に残っているカスの排出、善玉菌のエサになりうる食物繊維が3.8g。といった具合です。特出した栄養素はありませんがビタミンEと食物繊維がそこそこ含まれているのがいいですね。皮も食べると食物繊維の量はさらに上がると思います。そしてカロリーもお米より低いです。今回のようにバターや砂糖を使えばカロリーはグンと高くなりますが何もつけずに焼き芋として食べる分にはヘルシーなおやつと言えます。

家の子ども達も焼き芋を喜んで食べるので特別調理する必要もないかな?と感じました。たまーにこうやってアレンジするくらいでいいかと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA