サンマとキャベツ炒め

スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩辛すぎたサンマ

さんまの塩焼きです。これがとにかく塩辛かった。嫁さんは焼く前に塩などの味付けは一切していなかったのですがまぁ塩辛い。その塩漬けによるせいか身に水分量が少なく感じられジューシーさがない。塩漬けすることによる浸透圧でさんまの水分が抜けているのかなと。スーパーに並べる前に腐らせまいと大量の塩でまぶすのでしょうか?特売品だから仕方ないか。さんまの味自体は悪くなかったんですけどね。

で、さんま1匹は残して翌日の弁当に使いました。

サンマとキャベツ炒めです。前日サンマを食べている最中、食後とやたら喉が渇きました。サンマに使われている塩分?多分そうかと思います。嫁さんも同じく喉が渇くと言ってお茶を飲んでいました。塩分は体内でナトリウムになり血液や消化液などに運ばれますがそこでカリウムが不足していると変わりに体液を取り込み体内の浸透圧を維持しようとします。塩を摂取して喉が渇くのは体内の塩分濃度を下げようとする身体の働きなんですね。

海で遭難しても海水は絶対飲んではいけない!と言われます。海水を飲んでも海水の塩分を身体に入れることにより体内の塩分濃度が上がり尿などで水分と一緒に塩分を排出し、さらに喉が渇き脱水してしまうからなんですね。昔テレビでの特番で海で遭難した人の特集を見て覚えているのはヤカンに海水を入れ蓋をし、ガスコンロで熱して蓋にたまった水蒸気を飲んでいた。という話を覚えています。遭難という極限に追い詰められた環境の中でも冷静になり頭を使うなんてすごいなと思って見ていました。

話が逸れましたが、恐らくサンマの塩分によりやたら喉が渇いてしまったので、100gあたりカリウム200mg程とさほど多く含んでいるわけではありませんがキャベツと一緒に炒めてみたわけです。キャベツ自体ほとんど水分ですし食べながら水分も補給できるだろうと。当たり前ですが前日に比べて数段食べやすく美味しくいただけました。サンマとキャベツ、意外に相性いいです。

サンマと言えばDHA、EPAです。この二つ身体にいいと随所で言われていますが僕自身まだまだ勉強不足で上手く文字としてまとめきれません。やはり魚を食べる上では詳しく知っておかないといけないと思うので今後勉強する次第です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA