みかんの皮で手作りシャンプーを作ってみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

みかんの皮でシャンプー

4日間かなー。シャンプーしなかったんですよね。汚い?そう思われる方も多いでしょう。実際家の嫁さんにも言われます。「将来娘に嫌われるよ」と。それは避けたい。大問題です。4日間シャンプーしなかったのは初めてかもしれません。しっかりお湯で湯洗いし流していましたが少々ベタつきが気になりはじめました。いつもは2日に一回程度シャンプーするのですが4日シャンプーしなかったので少し変わったことをしてみようと思い、みかんの皮を使ってシャンプーをすることにしました。

手作りシャンプーというと小麦粉シャンプーの存在は知っていましたが、小麦粉シャンプーではこの頭皮の油分を落とせないのでは?という疑問と都合よくみかんを知人にいただいたので皮まで余すことなく使おうという思いでみかんシャンプーを作ることに。ということでみかんシャンプーの作り方です。

みかんシャンプーの作り方

みかんの皮と水をミキサーに入れスイッチオン。

完成。

みかんの皮ジュースじゃん!って感じですがとりあえずみかんの皮だけを使ってみてどんな仕上がりになるのか知りたかったのでシンプルに作ってみました。このみかんシャンプーを頭皮をはじめ全身に塗りたくり、しっかり流しました。使用中、頭皮と股間あたりがすこーしスースーと。お風呂場がみかんのいい香りで満たされましたよ。頭、体を洗い湯船に浸かり、シャワーで全身を流して湯を出ました。早速ドライヤーで髪の毛を乾かしベタつきをチェック。

おぉ。ベタつき軽減されています。お風呂前のベタつきから50%軽減した感じです。4日間シャンプーしなかったら普通のシャンプーでさえ2回ほど洗髪しないとしっかり油分は取れませんからこのみかんの皮シャンプーの吸油力はなかなかのものだと思います。嫁さんに頭皮の匂いを嗅いでもらうと「みかんの匂いと男脂臭が混ざってる」とのこと。w まぁ洗髪前は「男脂臭」のみだったみたいなのでマシになったそうです。w

みかんの皮のリモネン

みかんの皮にはリモネンという油分を落とす成分があります。なので頭皮の脂も落としてくれるだろうと軽い考えでみかんの皮シャンプーを作ってみました。使用した後でみかんの皮シャンプーと検索すると手作りのみかんシャンプーなどは危険。と記されたサイトがありました。

そのサイトによると、

・みかんに含まれる糖質が雑菌のエサとなり雑菌を繁殖させてしまう。

・みかんの酸性により頭皮、皮膚が炎症する。

このような問題点が指摘されていました。どちらもはっきりと否定しませんが、「お湯でしっかり流せばいいんじゃない」と思います。みかんの糖質が雑菌のエサになるかもしれませんが普段のシャンプーによって頭皮の雑菌、常在菌を根こそぎ洗い流しせば更地になり強い雑菌が降り立てば雑菌が繁殖するかもしれません。

自分でPH試験紙を使って確認したわけではないので歯がゆいですがみかんの皮の洗浄液のPHを測定している方もおられます。弱酸性だそうです。「素肌と同じ弱酸性」どこかで聞いたことありますね。

継続使用も問題なし

3日に一度くらいの頻度でみかんの皮シャンプーを使っていますが今のところ頭皮、皮膚トラブルなしです。といってもまだ5回くらいの使用ですが。何か問題があればまた追記します。

みかんの皮があればまたシャンプーとして使ってみようと思いますが、安全の保証はできません。今回、頭皮が少しだけ清涼感があったように刺激はあると思います。もしこの記事をみて試される方がおられましたら自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA