要らない脂身で豆腐ナゲット!豚バラの脂身活用法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

豚バラ脂身の豆腐ナゲット

先日作ったベーコンの余りです。脂身の塊り部分。これは食べられないなーと頭を悩ませているとインジェクション加工肉が頭をよぎりました。インジェクション加工肉とは何かというと、赤味の肉に油を注射して人工的に霜降り肉や柔らかいお肉にすることです。スーパーの加工肉をはじめ、お弁当の肉やなんと焼肉店でも使っているところもあるそうです。気になる方は検索するといろんな情報が出てきますのでどうぞ。

今回はこの余った脂身をインジェクション肉のように使ってみようと目論みました。パサつきやすい鳥むね肉でも買ってきてハンバーグとして混ぜ合わせようと思ったのですが、都合上買出しに行けず。豆腐と合わせて豆腐ナゲットにしてみることにしました。

まず脂身を適当にカット。これをフードプロセッサーにかけるので刃が回転するくらいの目安に。

とろとろネバネバになりました。コレを豆腐と混ぜて片栗粉をまぶしフライパンに油を多めに敷いて揚げます。

はい完成。

うーん。これは豆腐ですね。とろける豆腐って感じ。あまり美味しいとは思えない出来。

しかし大人の味覚と子どもの味覚の違いでしょうか?子ども達には想定外の人気。残すことなく完食してくれました。

普段あまり使わないソースなど使ったからかな?w

今回の完成度は置いといて、試みは良かったと思っています。こうやって廃棄するもの調理しようとすれば節約はもちろん料理の幅、素材の特性などいろんなことを考えるようになるからです。次回脂身が余れば同じように調理に使おう。

やっぱり豆腐オンリーでは美味しくないな。むね肉か、赤身の肉を使ってみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA