押し麦でシリアル作り、子どもにも好評でした。

ここ数ヶ月ずーっと気になってた存在。大麦。

こちらは押し麦です。押し麦とは大麦を食べやすいように蒸気で蒸して上からプレスをかけ、平たくしているものを言います。栄養素的には違いはないようです。

なぜ大麦が気になっていたかと言うと。

これです。食物繊維の豊富さに惹かれていたんです。100gあたり食物繊維が8.5gも含まれています。これは凄い。食物繊維の1日の摂取量は20gは摂取したほうがいいと推進されています。現代人は食物繊維が不足していると言われますが、白米の代わりに大麦を食べれば難なく目標摂取量をクリアすることができますね。

さらに嬉しいことに大麦には水溶性食物繊維も多く含まれています。水溶性食物繊維は腸内の水に溶けゲル状になり腸内のカスなどを包んでそのまま便として排出されます。そのため便秘解消、デトックス効果にも期待できます。

ダイエット食材として人気も高いですね。便秘や腸内の老廃物を包んで排出してくれはしますが、結局本人が多くの食事を摂ってしまえばダイエットは成功しません。大麦がダイエットに適している理由の一つに血糖値の抑制も大きく関与しているでしょう。

食後、血糖値が急激に上がり、急下降すると空腹を感じやすくなります。そうなるとお腹が空いたと脳が勘違いして食事を促します。僕自身、低糖症の症状で血糖値の急上昇、急下降により数ヶ月~数年?空腹になるとイライラが募り、不安感、倦怠感、そして手先や唇の震えを起こしていました。

この症状を改善させるために一時、朝食に蕎麦を食べていました。これが効いた?のか他にも食生活をはじめ生活習慣も変えたおかげもあり低糖症の症状は滅多に表れなくなりました。

蕎麦も大麦と同じく血糖値の抑制効果があります。大麦は蕎麦に比べて5倍以上も食物繊維も含んでいますし腹持ちもいいでしょう。空腹を感じにくくなると思います。

そんな食物繊維たっぷりの押し麦を使ってシリアルを作りたいと思います。大量に作って失敗するともったいないので初回はカップ1杯分で作ることに。

オーブンを150℃に余熱しておきます。てん板に大麦を広げ余熱したオーブンへ投入!15分加熱します。

加熱している間に調味料の準備。油(今回はオリーブオイルを使用)、ハチミツ、塩を適量を混ぜ合わせます。油や糖分は好みのものでいいと思います。

15分加熱したら調味料と混ぜ合わせます。何気に熱いので注意。

再びてん板に広げ15分加熱。

いい感じに日焼けして帰ってきました。これを容器に移すのですが1つポイントが。それは熱いうちに容器に移動させること。すぐに冷めて固まってしまうのでてん板に大麦がくっついて取れなくなってしまいます。くっついてしまった場合はもう一度オーブンで軽く熱してあげると取りやすくなります。

大麦シリアルの完成です。オリーブオイルを使ったのでオリーブオイルの香りがします。w

では、いただきまーす。

うん!美味しい!噛み応えは少しありますが最初だけです。噛めば溶けていくのでアゴも疲れません。これは良いですよ。ハチミツだけではなく大麦の甘みも存分に感じます。

一応シリアルとして作ったので牛乳をかけて食べてみました。うん。牛乳は特に必要ない。w

牛乳かけても美味しいけどそのままでも充分に美味しいので個人的には必要ないかな。ドライフルーツやナッツなどと一緒に食べるんであれば必須かもしれませんが。

これ大麦をミルサーで砕き、クッキーや焼き菓子にすると美味でしょう!期待している食材でつくる料理は楽しいですねー。

ちなみにシリアルを作った理由の一つとして「子どもがシリアル好き」という理由もありました。大麦シリアルを作り「食べていいよ」と声をかけ出社したところ、朝食で一瞬になくなったそうです!w

甘めに仕上げているのもあるかもしれませんが子どもにも大麦シリアルは好評でした。さぁ次は何作ろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA