余りご飯で作る、簡単五平餅。高野豆腐でも。

ほんの少し余ったご飯。残飯入れにポイっとするのは簡単です。

しかしこの余り物を調理することに最近Kouji菌です。なんてたって元々余り物なのでどんな調理したって文句言われません。最初からハードルも低いので仕上がりも美味しく感じやすい。

今回、茶碗半分程度の余ったご飯で作ったものは五平餅。五平餅ではないので五平餅もどきと言いましょうか。

弁当用に高野豆腐でも作ってあります。

作り方は余りご飯を軽く潰し、高野豆腐はお湯で戻しておきます。鍋に水、醤油、みりん、砂糖を入れ沸騰させて煮詰めます。それぞれ量は適当です。お好みでいいんでないでしょうか。

煮立っていい具合に甘辛くなってきたら水溶き片栗粉を加えとろみつけ。

ご飯に形付けをしてタレを絡めます。絡め終わったらあとは焼くだけ。僕はトースターで焼き上げました。フライパンだとくっついて面倒なことになると思ったので。

一つはそのまま頬張りまして、「うん!美味い!」

残り二つは黒ゴマ、海苔で風味を効かせます。個人的にですがゴマが好きです。

ということで弁当のおかずである高野豆腐ちゃんは黒ゴマをトッピング。

ちなみに高野豆腐も美味しかったですよ。もともとは大豆なので変にダシやら何やら入ってなくても美味しいんですね。今まで煮つけ料理などについでに入れて味付けしてしまおうという調理をしていましたが、単体での調理も美味しく仕上げることができそうです。

高野豆腐はタンパク質摂取が目的で弁当に入れました。この高野豆腐1つあたりおよそ7~8gのタンパク質を摂取できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA