5分だけ!ココアパウダーでチョコ作りの実験

チョコが食べたい。元々甘いものが好きな僕は正直言うとチョコレートやパン、クッキーなんかが好き。

どれだけ食べても身体に影響が出ないという魔法のような菓子があれば毎日でも食べるでしょう。w

しかし現状では食べても少量、または休日に食べる。基本的に制限して菓子食いしています。ですが突発的に食べたくなることがあるんです。先日もそれで「チョコ食べたい」の衝動に駆られたんですね。

しかし菓子の買い置きはしないようにしているので家にチョコはない。

うーん…ならば作ってしまいましょう。自分で作れば何をどれだけ入れているか分かるし。

いつかチョコレートのパッケージ裏を見て原材料をチェックしたときの記憶を呼び起こします。ネットで調べれば詳しい作り方が分かるでしょうか調べません。

記載されている材料がなかったら、時間がかかるようだったら。出社30分前なのでそんな綿密にチョコレート作りをしている時間なんてないのです。

とりあえずココアパウダー、ハチミツ、油(アマニ油)を入れて混ぜ合わせます。

少しあれば満足なので極少量です。実験ですしね。うまくいけばたくさん作って常備し、子ども達のおやつにも出してあげたいと考えています。

少し舐めてみると…ココア感が強い。チョコレートではないですね。確かチョコレートには乳化剤が添加されていたような?

スキムミルクを加えてみました。乳化剤の代わり+ミルク感を出す目的です。そして軽く湯せんして溶かします。

いただきます。

これはっ!?チョコではない!でもココアでもない!ココアっぽいチョコレートです!w

個人的にはアリ。普通に美味しいです。試しに娘に味見してもらいましたが「美味しい」とのこと。これで冷やしたら固まるのかな?

大量生産してみようか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA