ガサツな自分には蕎麦打ちは向いていないんだろうな。

ちゃん♪ちゃらららん♬ちゃら🎶ちゃ♬ちゃら♪ららん(^^♪

何ということでしょう。ズズズっ!とすすりながら食べるほどの細切りがウリのはずのお蕎麦が、うどんを凌駕するほどの太さに。これは駄菓子のさけるグミほどの太さ、大きさです。

それもそのはず。包丁でカットした姿がこれですから。もうちょっと頑張れないのか?自分。

お昼時に子ども達も暇そうだったので、粘土遊びの延長と思ってコネコネ楽しませようと思いまして。近所のスーパーまでそば粉を買い出しに行って作り始めたんです。

このイラストをイメージして蕎麦打ちをスタートしたのですが長男は開始早々飽きてしまい離脱。長女は楽しそうにしていました。自分で作ったものを食べることの大切さ、美味しさを実感してもらおうと思ってたまにこういったことをしています。

ですが仕上がりが悪いと食べてくれません。今回の蕎麦は食べてくれませんでした。嫁すらも…

僕ですら食べるのが辛く感じてしまいました。蕎麦切りは適当にしてどうにかなるものではありませんね。w

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA