「学習机は要らない。2段ベットが欲しい」の巻

img_20160922_150422

「学習机は要らないから2段ベットが欲しい」

嫁の格言です。
部屋のスペースは取られるし自主的に勉強するかも分からない。
とのこと。
肯定はしませんが否定もしません。分からないでもないので。

長男が来年に小学生になります。そんな訳で周りの親御さん、親族などに「学習机も準備しないとね」
と促されるというか、そういう空気が漂っています。

…小学生=学習机なのか?

確かに僕自身の小学生時代も学習机がありました。そこで宿題をしていた記憶はありますが中学生になって兄と別の部屋となったのをきっかけに勉強机は何処かへ消えていました。
自分が要らないと言ったのか親の判断か?覚えていないですが。

僕も嫁の格言を聞くまで勉強机は必要なものだと思っていました。

小学生になる=学習机が必要。

この方程式はいつから、どうやって定着したのでしょう?

4万円も5万円もする学習机ではなくても普通の机があれば勉強できます。機能性は落ちるかもしれませんが。

小学生1年生、年長さんくらいの年頃なんて何でも「欲しい!」と言うと思います。意味も分からず知らないうちに立派な学習机があるより、ある程度自立心が芽生えたときに「頑張ってね」とプレゼントした方が嬉しいし、頑張って勉強する気がします。

という訳で我が家では小学校入学でも学習机は導入しません。

代わりに県内に2店舗構えるアウトレット家具屋さんへ2段ベットを下見してきました。

さすがはアウトレットというだけあって安い。2万~3万円台で購入できる2段ベットが多数ありました。小一時間ほど店内を見渡して目ぼしいものもあったのですがまだ購入しませんでした。下見に来ただけなので。

アウトレット店。なかなか良かったのですが自宅まで配送してもらうのに送料がかかります。それならばインターネットでも同じじゃん!

と思い一応楽天で2段ベットを探してみました。するとこれがまた安い安い。また迷ってきてしまいました。

送料無料のものがたくさんありますし、楽天ポイントも付きますしね。実物を見ることができないので不安がありますが値段だけであればやはりネットで注文した方が安いですね。

 さすがに1万円台の2段ベットは作りが簡素に見えます。これだったら自分でも作れそう。なんて。w

しかし冗談ではなく2段ベットを手作り、DIYするのもアリかな。と思ってきました。一所懸命頑張る姿を子ども達に見せることもできるし、物作りの素晴らしさも感じることもできます。

必要なものが何でも買える時代で買うことに慣れてしまっている現在。僕たちも含めて。

手作りできるものは手間と時間をかけて作ってみるのもいいかもしれません。愛着も湧くでしょうし。

ちょうど会社に余った角材がたくさんあるんです。使えそうか吟味してみます。w

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA