2016年、冬の防寒対策を練る。寒冷蕁麻疹対策

今週は一気に冷え込みましたね。就寝時も長袖、長ズボンに衣替えして、早朝ではニットを一枚羽織りながらPC作業をしています。

夏が終わりすっかり秋らしい気温になりました。そうこうしていたらあっという間に来てしまいますね。

冬が!!!

私、冬が大嫌いなんです。w

男ですが根っからの冷え性。小学生からずっとです。

少年野球クラブに通っていたのですが冬のグラウンドは寒い。サッカーやバスケットなんかはゲームが止まらず走り続けますが野球の場合、1球1球ゲームが止まります。常に動き回るわけではないので試合中もすごく寒いんですよね。3アウト取るとベンチに座って自分の打順まで待ちますし。

野球は冬にやるもんではない!!w

だからきっとプロ野球や高校野球は冬のシーズン中は試合できないようになっているんだと思います。多分。

話が逸れましたが、とにかく昔から冷え性なんです。手先、足先がとにかく冷える。

冷えるだけならばまだマシなのですが2、3年前から冷えると蕁麻疹が出るようになりました。寒冷蕁麻疹というやつです。

僕は今週から早くも出始めております。寒冷蕁麻疹。

すごく痒いし、指先なんかは多少の痛みさえ感じます。結構辛いです。これがあと何十年と続くと考えると嫌になります。

日本の冬がなくなればいい!と祈っても無駄だし、批判も多数くると思うので。w 体質改善を目指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まず冷え性とはなんなのか?

体を健康に保つ、動かすために必要な箇所、それは心臓です。その他重要な内臓たち。

冷えを感じると体は勝手に心臓や内臓に血液を集中させて、各臓器の温度を保とうとします。そうすることで活動低下させないようにするんですね。

血液が心臓や内臓に集中しているので体の隅である手先、足先には血液が流れにくくなります。

その結果、血の巡りが悪い➡温度低下➡冷える。となります。

なので冷え性とは体を守るための生理的現象なんですね。もし足や手がなくなっても生きていられますが、心臓や内臓をなくしてしまうと生きることは難しいです。

手先、足先>心臓、内臓。なんですね。冷え性である僕の体は寒さに危険を感じているんだと思います。

そういえば手先、足先も冷えますがお〇ん〇んもよく冷え、縮みます。体はお〇ん〇んも不要だと認識しているようです。w

つまり冷え性を治す方法として考えられる方法は3つ。(僕の場合)

1つ。体の基礎体温を上げ、寒さを感じにくくする。

2つ。血液の巡りをよくし、すぐに手先足先に血液が巡るようにする。

3つ。常に防寒グッズを身につける。

体重を増やせば冷え性治る?

基礎体温をあげる方法は食事ですかね。冷え性に効果的な食べ物とググればたくさんの情報が得られるのでいくつか絞って試してみます。

体重を増やすのも効果的な気がするんですが、まぁ体重が増えない。嫌味に捉えられるかもしれませんが体重が増えません。過去に体重を増やす食事という記事を書きました。

この記事から1年が経過。1年前に比べると現在3~4kg程度増えました。ここ半年ほど55kgをキープしています。

まぁ個人的には無理して体重を増やすメリットは何もないので体重増加による冷え性改善方法は止めておきます。

体を柔らかくして血液の巡りを良くする

血液の循環をよくする方法はいろいろとあるかと思いますが、今冬実践する方法は…ストレッチです!
僕はですね、体が驚くほど硬いんですよ。
前屈なんてつま先と手先の間が20cmはあろうかという間隔が空きます。
脚も90度開くかどうか…とにかく体が硬い。
ストレッチをして体が柔らかくなると血液の巡りが良くなると聞いたことがあります。
実際ストレッチや体操直後は指先まで暖かくなってる気がします。
継続することで常に血液循環が良くなり冷え性が改善されるのではないかと思い、実践していきます。
時間帯は朝。朝が一番寒いので。あと風呂上がりにもしていきます。

今年は防寒グッズも揃えます

防寒グッズにもお世話になるでしょう。
耳当て、ネックウォーマー、手袋、ヒートテック、レッグウォーマー、靴下など。
昨年のはケチ心で手袋とマフラーしか揃えなかったので外出が億劫でした。
今年はそんな気持ちにならないように暖かい格好で出掛けたいです
何かおすすめがあれば教えて下さい。

とまぁこんな具合です。絞まりのない内容で申し訳ありません。w
今年の冬は寒さに負けないように頑張ります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA