辛いことを遠のけるのではなく、どうやったら楽しくできるか考える

辛い時間より楽しい時間が長い方がいいに決まっています。

今、生きていて辛いと感じていることがあるならばその辛い時間を遠ざけるのではなく、どうすれば楽しい時間に変えることができるか考えてみてはどうか?

最近そんな思考が少しづつ身についてきたような気がします。

家の中で賑やかに遊ぶ子ども達を「静かにしろ!」としつけるのではなく、楽しく外で遊ぶという道を選びたい。

日中は公園などに出かけることができますが、夕方にはもう帰宅しています。いつもならば18時以降は外に出るのは散歩程度ですが、昨日は駐車場の空きスペースで遊ばせてみました。

するとまぁ楽しそうに遊ぶこと。

僕も、妻も家の中で騒がれるストレスを感じなくて済むし、子ども達も楽しそうでwinwinの関係が成り立ってることに気づきました。

しかしあくまで車を停めている空きスペース程度なのですぐに飽きがきてしまうかもしれません。僕も傍観者として見ているだけでは楽しくないので、一緒になって遊びに参加したいと思いました。

ただ僕の参加というのは、制作側です。

空きスペースを子ども達が楽しくできるようにプロデュースしてみたいです。

その第一弾となる予定のものが鉄棒。昨日鉄棒のキモである鉄の棒を購入しました。1890円也。ホームセンターコーナンで調達しました。

支柱部分は会社の廃材を活用できそうで、diyと呼べるほどの作業をすることもなさそうです。購入した鉄の棒のサイズが合えばですが。

うちの子達はとても元気。そのエネルギーを閉じ込めるのではなく、解放させて体力をつけてやる道を選択します。その方が子ども達も僕も楽しい。

楽しい時間を長くしたい。まだ意識しないと行動に移せませんが、無意識にできるように続けていきたいと思います。

無意識に楽しい方を選び続けている子どもって本当にすごい。子どもをナメてはいけないとつくづく思わされます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA