語彙の少ない僕では「ワードバスケットキッズ」で楽しませることができなかった

IMG_20170723_133033
しりとりカードゲーム[ワードバスケット]キッズを購入しました。

商品箱にもしっかりとキッズ!とロゴ付けられています。
キッズ!を全面に出していると言っても過言ではありません。キッズ!に食いついて欲しいという製作側の下心が見え見えのパッケージです。

こんなしりとりに毛を生やしたような商品なんて自分でも考えられるし、自作できるだろう。
というただ単にお金を使いたくないケチ心を抑えつつ、少しでも夏休み中の遊びになればと願いながら購入に至りました。

早速、開封して説明書を読みます。子ども達への説明も兼ねて声に出して読みます。

IMG_20170723_133133

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品の説明

しりとりを使った大ヒットカードゲーム「ワードバスケット」のキッズ版! 箱の中にあるカードの文字で始まり手札の文字で終わる言葉を考えて、思いついた人から手札を出していきます。基本ルールやゲームの面白さはそのままに、易しいカードを加えたりイラストをつけたりして子どもが楽しめるようにアレンジしました。家族みんなで遊んで盛り上がる、ひらめきとスピード勝負のゲームです。
遊び方
1.各プレイヤーにカードを5枚ずつ配ります
2.じゃんけんで勝った人が山札のカードをめくり、箱に投げ入れたらゲームスタート
3.箱に出されたカードの文字で始まり、手札の文字で終わる言葉を考えます
4.思いついた人は、その言葉を言いながら手札を箱に投げ入れます
5.1番はじめにカードがなくなった人の勝ち。
セット内容: カード60枚、ひらがな一覧表、あそび方ガイド
対象年齢: 4歳以上
プレイ人数: 2~8人                     

                              amazoより引用

ふむふむ。なるほど。面白そうではありませんか。           

 

手札を配りゲームスタートです。

 

我が家のキッズ!手持ちカード減らねぇー!

 

終わりの言葉を限定されるもんだから、全く言葉が出てこないようです。しかも手札の中のカードで終わる言葉を探さないといけないので尚のこと。

これはたくさんの言葉を知っておかないとゲームになりません。ボキャブラリーの少ない僕も手持ちカードが減らせずにパスを繰り返しました。w

嫁さんも参加していたのですが、大人通しで遊ぶと意外に盛り上がりそうです。夫婦で必死に言葉を探していました。w

我が家で遊ぶにはまだ早かったですが、語彙を豊富に備えている親御さんであれば、たくさんの言葉を子どもに教えつつ遊べるカードゲームかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA