ズートピアのうさぎとキツネの2ショット

IMG_20170805_194953

ニックとジュディだっけ?

子ども達が図書館で「ズートピア」の絵本を借りてきたので表紙を模写してみた。模写に関しては描けば描くほど上達しているような気がする。

DVDを借りて本編を見たこともあるけど、「ズートピア」は子ども達も食い入って見ていました。動物のアニメーションはかなり強いっすね。

僕も個人的に好きです。

ニックの日本語吹き替えがイケボ過ぎて、男の僕でも癒された覚えがあります。w

個人的に面白かったなと思うディズニー作品は「ズートピア」「プリンセスと魔法のキス」「インサイドヘッド」「トイストーリー」…

挙げていったらキリがないかもしれませんが、パッと思い浮かぶのはこれらの作品。最近見て記憶が新しいというのも大きな理由にとなっているかもしれないけど。

「ズートピア」は仕掛けられていた伏線をいくつか予想しながら、結果的に的中していたという自分の中で答え合わせをしながら話を進めていけたので楽しく見ることができました。ニンジンペンのボイスレコーダー機能とかね。事件の黒幕も予想しやすかったかと。

「プリンセスと魔法のキス」は影の男の能力は闇の住人から「借りている」もので「支払い」をしなくてはいけないという設定に好感が持てました。「何かを得るためにはその同等の代価を支払わなければいけない」とハガレンの誰かも言っていましたよね?個人的にこういった便利な能力には代償やリスクがある。と設定している漫画が好きなので「影の男」の設定はディズニーっぽくなくて好きです。

キャラクターも魅力的でしたしね。蚊のあいつとか。そういえばディズニーで仲間が死んじゃう作品って他にあるのかな?

喜び、悲しみ、怒り、むかむか。感情をキャラクターにして子どもの成長を作品にしている「インサイドヘッド」。親の立場にあるせいかもしれないけど、見て損することはない作品だと思います。

実生活での子育て、イライラすることも多々ありますが、こうやっていろんな感情が芽生えているんだろうな。なんて想像しながら接すると自分を客観的に見ることができて冷静になれたりします。

子どものうちは「喜び」が操作担当。それが大人になるにつれて「悲しみ」が主体になったり「怒り」が主体になったりして人格が形成される。

普段苦手な「あの人の脳」を操作しているのは誰か?なんて対面中に考えると笑えてくるかも。

トイストーリーは王道中の王道ですね。我が家のキッズ全員が好きです。キャラクターが魅力的過ぎますよね。唐沢さんの声も素敵です。

「オレがついてるぜ~」の歌はダイヤモンドユカイさんが歌ってるって知っていました。数か月前にカラオケで選曲して初めて知りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA